Google AdSense通るまでの流れ

macbook air on grey wooden table グーグルアドセンス
Photo by Caio on Pexels.com

今ブログを始めようとしている方や既に始めている方で広告にGoogle AdSenseを付けたいけど、なかなか審査に通らない人がかなりいると思われます。

そこで、一発で審査に通った私がGoogle AdSenseにどのような記事を書いたかなども含め工夫したことを詳しく説明したいと思います。

審査を通るにあたって

さて皆さん。 AdSenseの審査を通るにあたって、どのような記事を書けばいいか全く分からない人がほとんどだと思います。審査に通った私自身でさえ良く分かっていません。しかし、この記事は書くべきでないということは少し予想がつきます。また、審査に通過するのに有効的な記事もあります。

有効的な記事

審査に通過に有効的な記事はおそらく日記です!

これは、私自身の体験やSNSでもこの方法で通った人も多く見かけるため、日記が有効的だと考えました。

そして、その日記の内容は何でも良いです。私はブログを始めた当初コロナに感染していたため1記事1000文字程度の「コロナ日記」を書きました。その日記はpv数が1~5と全く誰にも需要がない記事でしたが、5日間毎日書き続けました。5日目の記事が書き終わって3日後くらいにアドセンス審査通過の連絡がありました。

ここからわかる確実なことは記事の内容とpv数はそれ程重要ではなく、毎日書き続けることが一番重要だということです。

書かないほうが良いこと

アドセンスを通過するためには書かないほうが良い記事の内容もあります。例えばアダルト系のことや下品な言葉を記事に使うアダルト系の写真やグロ画像などを使うということです。私もこのようなことを行っていませんし、たとえ審査に通った人でもこのような記事を書くとアカウント停止になったりすることがあるため、それと同様に審査に通る前からこのような記事を書くのはもちろんお勧めしません。また、写真には著作権があるため、なるべく写真を使った記事を避けて安全な記事を最初は書いたほうが良いです。

審査通るまでの期間

記事を書いたとして審査を通過するまでにどのくらいの期間がかかるはひとそれぞれですが、大体1週間はかかると思っていたほうが良いでしょう。すぐに審査を終わらせるコツとしては、あらかじめ記事をいくつか書いてアドセンスの審査を行う時には10記事くらい書いている状態がりそうですね。審査を申し込んでから記事を書き始めると、審査通過が少し遅くなる印象があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました