長生きする方法 60代の健康管理 早死にするな!

60代から長生きしようと思うなら健康管理は大切です。

突然死

野菜は体に良い!血管を強くして突然死を防ぐ

野菜

肉は好きだけと、野菜は嫌いという人結構いますね。
女性は便秘に悩む人もいるので、野菜は摂るようですが、
男の人は、摂らないのではないでしょうか?

でも、野菜を摂らないと、貴方は血管異常で、脳梗塞とか高血圧とか
病気で倒れるかもしれませんよ。

ちょっと脅かしたかもしれませんが、
知って損な話ではありません。

スポンサードリンク

池谷敏郎氏が「血管を強くして突然死を防ぐ!でこんなことを言っています。

野菜はいつでもたっぷり食べる

●野菜に含まれるカリウムが、血管を若返らせる。

野菜をたくさん摂取する人は、野菜を食べない人よりもずっと健康でいられることは、
あらゆる調査で検証されています。

心筋梗塞や脳卒中など、突然死を起こしかねない血管の病気についても
同様の結果が出ています。

なぜ、野菜を食べると血管の事故を防げるのか?
理由のひとつは、そこに含まれているカリウムです。

カリウムはミネラルの一種で、野菜や果物に多く含まれています。
とくにほうれん草、モロヘイヤ、パセリなど、濃い緑色の野菜に多く
含まれるほか、イモ類や豆類にも多量に含まれています。

カリウムは、体に取り込まれたナトリウムと、対になる働きをします。
血圧を下げ、血管の内皮細胞などの働きをサポートするほか、
余分な塩分を対外へ排出する作用もあります。
高血圧への対策となるのです。

●水溶性食物繊維が血圧を下げ、肥満を防ぐ

野菜に含まれている水溶性食物繊維にも、コレステロール値を下げる働きがあります。

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維があり、
水溶性食物繊維には、血液中のコレステロールを減らし、
脂肪を分解する酵素の働きを高める作用があります。

また、水溶性食物繊維は、カロリーゼロですが、水を吸って膨らむために、
食事での満腹感を得やすく、肥満防止にも効果的です。

エシャロットやごぼう、オクラなどにとくに多く含まれています。
また、ヒジキやワカメなどの海藻類や、果物類にも豊富に含まれます。

●バランスよく食べることが重要

野菜や果物、海藻などには、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの
ミネラル、ビタミン、フラボノイドやカロテノイドなどの微量栄養素が、
品種ごとにそれぞれ含まれています。

これらの栄養素は、重要な役割を担っており、バランスよく食べることが重要です。

ひとつの食品が血圧を下げたり、栄養効果を発揮したり、
血管を健康に保つわけではありません。
幅広く食べることが大事です。

野菜は、主食よりも先に食べることで、食事の満足感を得やすく、
食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

果物の場合、多く含まれている果糖は、糖質のなかでは血糖値を上げにくいものですが、
ブドウ糖も多く含まれているので、
食べ過ぎないようにすることも忘れないようにしてください。

野菜はたっぷり食べましょう。

私は若いころは野菜など意識したことありませんでしたが、
これ読むと納得です。
もっと早く知っておけばと後悔です!
今は、コレステロール値が高く、
高脂血症なのは野菜を摂らなったせいかもしれません。

幸いまだ高血圧にはなっていません。
倒れる前に気が付いてよかったです!

貴方も気を付けてくださいね。

 

※もくじ・記事一覧はこちらから。

こちらの兄弟ブログも参考ください。
「生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!」

-突然死