長生きする方法 60代の健康管理 早死にするな!

60代から長生きしようと思うなら健康管理は大切です。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎が怖い、原因・症状と予防、高齢者は気を付けよう

高齢者は肺炎で死亡する割合が増えます。

死亡原因の4位は肺炎ですが、その中でも、ちょっと怖いのが誤嚥性肺炎です。

 

なぜかと言うと、誤嚥によって起きるからです。

誤嚥と言っても、明らかに間違って食べ物を飲み込んだということだけでなく、

無意識に起きることがあるからです。

高齢者が特に気を付けておきたい誤嚥性肺炎の原因、症状、治療、予防を調べてみました。

スポンサードリンク

誤嚥・誤嚥性肺炎とは

食べ物や飲み物、胃液などが誤って気管や気管支内にはいることを「誤嚥」といいます。

誤嚥とは、何かを食べたり飲んだりした時にそれが食道に入らず、気道に入ってしまうことをいいます。

誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。

高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。

再発を繰り返す特徴があります。

 

誤嚥性肺炎の原因

(1)口腔や咽頭内容物による誤嚥、

(2)胃逆流物による誤嚥があります。
老化に伴って起きる生理的な変化、食べ物を飲み込む機能が弱くなる。

脳血管障害や神経系疾患では神経伝達物質の減少で咳反射や嚥下反射の機能低下によりおこります。

嚥下反射の低下により知らない間に細菌が唾液と共に肺に流れ込み、肺の中で細菌が増殖して肺炎を引き起こします。

嘔吐などによる胃液が食べ物と共に食道を逆流しておこることもあります。

高齢者は、寝ている時に誤嚥することが多く、抵抗力が低いために誤嚥性肺炎を起こしやすい。

夜寝ている時に口の中で繁殖した細菌を誤嚥してしまったり、吐瀉物をうまく吐き出せずに気管に吸い込んでしまったりした時に起こることもあります。

 

症状は

通常の肺炎であれば、発熱・咳・痰が出るといった症状があります。しかし高齢者の場合、こういった症状がみられないことも多々あります。

高齢者の場合は、周りの方が以下のような症状に注意して見てあげてください。

 

なんとなく元気がない

1日中うつらうつらしている

食事中にむせこむことがある

喉が常にゴロゴロ鳴っている

唾液が飲み込めない

食事に時間がかかる

痰が汚い

 

誤嚥肺炎になりやすいのは、固形食が飲み込めずに刻んだ食事や流動食を摂っている高齢者の人ばかりではありません。

普通の食事ができる人でも、上記のような症状があれば注意が必要です。

 

治療・予防は

誤嚥性肺炎を起こす細菌の多くは嫌気性菌(酸素のないところで発育する菌)です。肺炎の原因となる細菌を殺す抗菌薬で治療を行います。

予防は

(1)飲食の意識付けや誤嚥予防の体位保持(食後すぐに横にならないで、2時間程度座位を保つ)

(2)口腔ケア(口の中の雑菌を減らす、嚥下反射を改善させる)

歯磨き ブラッシングとうがいで歯垢を除去します。

お口みがき 食べかす、痰、細菌によるネバネバ汚れを除去。

歯ぐき、舌、上あごなどの口腔粘膜をきれいにします。

保湿ケア 口の中の乾燥を防ぐために、口腔内を保湿し、

粘膜を保護します。乾燥による口臭予防にも効果的です。

口の中が渇くとドライマウスとなって細菌が増えるので、水分をたくさん摂ることも大切です。
スポンサードリンク



参照サイト

http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=11

https://www.ishamachi.com/?p=7063

 

高齢者になると、いろいろなことが心配になります。

機能の低下で病気になるリスクも高くなり、しかも自覚できないことがあるので、

周りの家族とかがよく観察しておくことが大事です。

病気で長患いは負担も大変ですので、予防知識を身に付けることが大切だと思います。

※もくじ・記事一覧はこちらから。

こちらの兄弟ブログも参考ください。
「生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!」

-誤嚥性肺炎