長生きする方法 60代の健康管理 早死にするな!

60代から長生きしようと思うなら健康管理は大切です。

前立腺がん 薄毛

薄毛の男性は前立腺がんのリスクが高い

貴方は薄毛ではないですか?
もし薄毛であったら、前立腺がんのリスクが高いです。

おしっこの出が悪いと、前立腺肥大とか、前立腺がんが心配になります。

これは尿道が圧迫されるために、排尿障害がおきるからです。

 

もし、貴方がおしっこの出が悪く、薄毛であれば、前立腺がんの可能性があるかもしれません。

ちょっと疑ってみてはどうですか?

スポンサードリンク

なんと…!薄毛の男性は39%も「前立腺がん」リスクが高いと判明

男性特有のがん“前立腺がん”。
日本の国立がん研究センターの調べでは患者数が急増しており、
2015年には胃がんや肺がんを超えて男性の部位別患者数のワースト1位になっています。

実はこの前立腺がんのリスク、夫の薄毛と一定の関係が確認されているとご存じですか?
そこで今回は、米国の国立がん研究所の情報を参考に、“薄毛と前立腺がんのリスク”についてまとめます。

■薄毛のご主人は前立腺がんに注意!?
ご主人も40代の半ばを過ぎてくると、
「髪が薄くなってきたな~」と見た目を気にし始めているかもしれません。

ただ、実は「見た目だけでなく前立腺がんを心配した方がいいかもしれない」という調査結果が、米国の国立がん研究所の調査で明らかになっています。

同研究所は2年間にわたって男性39,070人を調査。
被験者には45歳の時点で頭髪がどういった状態だったかも思い出してもらいます。

調査の間に被験者の1,138人が前立腺がんになり、
そのうち571人が進行性前立腺がんになりました。
進行性前立腺がんとは、リンパ節や骨に転移した状態のがんを指します。

上述の罹患者を調べてみると、45歳の時点で“頭頂部と生え際が薄くなっていた男性”は、
薄毛の悩みがなかった男性に比べて39%も多く進行性前立腺がんになっていたと分かったのです。

■ホルモンだけじゃない!? 前立腺がんリスクを高める原因
「うちのだんなは、ちょっと薄くなっている……」といった場合、どうすればいいのでしょうか?
国立がん研究センターがん対策情報センターの『がん情報サービス』によればリスクとして、“加齢”そして“家族歴”が挙げられています。

また、世界保健機関(WHO)によれば、西欧化した食事がリスクを高めるかもしれないとのこと。
一方で野菜などに含まれるビタミンEやカロテノイド(特にリコピン)、魚に多いセレンが予防効果を持つかもしれないとも考えられています。

ただ、完全にリスクを低減する方法は、現状で発見されていない様子。ご主人の家系に前立腺がんの患者がいる場合は、慎重に健康診断を行ってください。

以上、薄毛と前立腺がんの関係を紹介しましたが、いかがでしたか?
国立がん研究センター「2015年のがん罹患数、死亡数予測」では、なんと年間で98,400人が罹患する可能性が指摘されています。
その数は他の部位をおさえてワースト1。注意したいですね。
(ライター 坂本正敬)

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160104/Wooris_179901.html

 

実は私は前立腺あたりが腫れている気がして
ガンの可能があるかも知れないと思い泌尿器科にいったのです。

ガン検査はてっきりあそこを触って確認するのかと思っていたら
PSAという血液検査で解かるとのことでした。

ある指標が高くなることで判定できるのです。
幸いガンではありませんでした。

実は腎結石が見つかりました。

だから心配な人は気軽に検査を受けた方がいいですよ。

 

※もくじ・記事一覧はこちらから。

こちらの兄弟ブログも参考ください。
「生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!」

-前立腺がん, 薄毛