長生きする方法 60代の健康管理 早死にするな!

60代から長生きしようと思うなら健康管理は大切です。

腰痛

腰痛撃退 4つ原因とは?

2017/01/16

youtuu

年齢問わず、腰に痛みを抱えている方は大変多いです。

しかし、その原因は様々です。

原因によって対策も変わってきますので、しっかり原因を理解する必要があります。

腰痛撃退するには、4つの原因 ストレス、神経、内臓、筋肉・骨を理解する必要があります。

スポンサードリンク

ストレスを持っている

意外かもしれませんがストレスが腰痛の原因となることもあります。

ストレスによる腰痛を心因性腰痛症と言います。

自律神経が乱れることで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。

すると、血行が悪くなり、筋肉が長時間強張ってしまいます。

他にも、ドーパミンの分泌量が減ってしまい、痛みを強く感じます。

とある研究結果によれば、3か月以上の腰痛に悩む人の80%ほどが抑うつ状態であったとのことです。

心因性の腰痛症は、病院に行っても異常が見られないことが多いです。

レントゲンを撮っても異常は見当たりません。

また、慢性的に痛むこともありますし、痛む場所が移動していくこともあります。

心と強く結びついているので、整形外科だけでなく精神科での治療も必要となります。

神経に障害がある

腰が痛いだけでなく、おしりや足に痺れがある場合は、神経に障害があるかもしれません。

脊椎の中には、中枢神経の脊髄が通っています。

脊髄から末梢神経が指先まで伸びています。

脊椎が曲がってしまい、脊髄が圧迫されると腰痛になってしまいます。

神経が原因の腰痛の多くは坐骨神経痛を伴います。

症状がひどくなりますと、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症になってしまいます。

どちらも重度の場合は手術が必要となる疾患です。

内臓の病気を持っている

腰に負荷をかけてもいないし、ストレスもない。

でも腰が痛い。

そんな時は内臓の病気が関係しているかもしれません。

背中に近い内臓に異常があると、痛みが腰まで届きます。

また、内臓が肥大することで腰を圧迫していることもあります。

内臓の病気が原因の腰痛は全体の1%もありませんが、命にかかわる可能性があります。

姿勢を変えても楽にならない、症状がどんどんひどくなる場合は内臓疾患の可能性があります。

尿路結石や十二指腸潰瘍、膵臓がんといった重い病気かもしれませんので、早めに病院に行きましょう。

筋肉や骨に障害がある

腰痛の原因で最も多いものは、腰椎やその周辺の筋肉に障害があるものです。

まず、筋肉に障害がある腰痛は、腰痛症と言います。

姿勢が悪かったり、運動不足だったりすると筋肉が疲労しやすくなります。

そんな時、重い荷物を持ったり、急に腰をひねると腰痛になってしまいます。

次に骨の異常です。

脊椎は横から見ると、S字カーブになっています。

しかし、筋力の低下や姿勢の悪さにより、歪みが生じます。

すると、負荷のかかる部分が偏ってしまい、腰痛を起こしやすくなります。

また、脊椎にかかる衝撃を和らげる椎間板にも悪影響を与えます。

すると、腰椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症といった、重病になることもあります。

スポンサードリンク


いかがでしたか。

一口に腰痛と言っても、4つの原因があります。

自分の腰痛がどういう症状か照らし合わせて、腰痛撃退のために早めに対策を取りましょう。

※もくじ・記事一覧はこちらから。

こちらの兄弟ブログも参考ください。
「生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!」

-腰痛